クリスマス直前の緊急事態

あれは私が19歳の時。大学1年生のクリスマスでした。
私が通っていた大学は圧倒的に男子が多く、そのせいか周囲の女の子は続々と彼氏ができていました。

私も入学早々、2歳上の先輩に交際を申し込まれたのですが、私の両親は男女交際に大反対。

学生のうちは学業に打ち込むべし!という、両親の考えに毒されていた(?)ので、結局誰ともお付き合いすることなく冬を迎えました。

12月に入った頃、いよいよ私は「きっと私は1人でクリスマスを過ごすんだろうな」と覚悟を決めるようになってきました。

同じサークルの友だちは、口には出さないものの「彼氏と過ごす」というハッピーオーラが全身からあふれていました。

1人で過ごすであろうことがほぼ決定していた私は、そんなみんなの様子を孫を見るような目で見守っていました。

でも、やっぱり寂しかったんでしょうね。
実はサークルにもう一人、彼氏のいない女の子がいたんです。

彼氏がいないのが不思議なほど美人な子でしたが、その子と私は意気投合。
クリスマスイブの夜に、2人でカラオケに行こう!と約束しました。

カラオケが大好きな私は、それまで家で練習練習。
当時流行っていた歌を次から次へと、家で歌いまくっていました。

そしてクリスマスイブを数日後に控えた夜。

私は急激な寒気に襲われました。コタツに入っていてもどんなに暖かい服を着こんでも、歯がガタガタガタガタ震えるほど寒いんです。

そう、もうおわかりでしょう。

私はクリスマス直前にインフルエンザにかかってしまったのです。

そんなことになってしまったら、当然友だちと遊ぶわけにはいかず、すぐに連絡をしました。

「ごめん、インフルエンザになっちゃったみたい・・・ごめんね」

「えっ? 大丈夫? うん、いいよ、お大事にね」

電話でそんな会話をし、とにかく栄養をとり安静にしてインフルエンザを治すことに専念しました。

クリスマス当日も、私はグッタリした状態で寝込みつづけ、もはや世間で何が起きているかもわからない状態に。

友達に申し訳ない思いを抱えながらも、「今年のクリスマスは最悪!」とひたすら布団にもぐりこんでいました。

やがてインフルエンザもなおり、年も明け、後期試験のために大学に行くと、学食におなじみのサークル員が集まっていました。

そのなかの男子サークル員が、私にこんなことを聞いてきました。

「クリスマスは、どうしてたの?」

私は「彼氏がいない私にそんなことを聞いてくるなんて、何て失礼な人なのかしら!」と腹が立ちましたが、私は正直に答えました。

「インフルエンザで寝てたよ」

と。

続けて、その男子はこう畳みかけます。

「えっ? 〇〇ちゃんとカラオケ行ったんじゃなかったの?」

なぜそんな情報をつかんでいるのか不明でしたが、私は仕方なく答えます。

「インフルエンザで1人で寝込んでて、辛かったよ」
と。

するとその男子は、さらにこう言ってくるではありませんか。

「君はインフルエンザで寝込んでいるという、やることがあったかもしれないけど、元気なのに1人で過ごさなきゃいけなかった〇〇ちゃんはどうするの? かわいそうじゃん」
と。

その言葉を聞き、私は何だか情けないやら腹立たしいやらで、さらに答を返す気は起りませんでした。

確かに彼の言うことに一理あるかもしれませんが、何でそんなことを言われなければならないのかと理不尽な思いでいっぱいでした。

(後になって、その男子が実は私のことを好きだったらしいと聞かされましたが、正直に言って「冗談じゃない!」と思いました。プンスカ)。

私は決めました。翌年のクリスマスこそは絶対に好きな男性と過ごそうと。
世界中を敵に回してでも(大げさ)、彼氏と一緒にクリスマスを過ごすんだと決心したのです。

でも、結局そうすることはありませんでした。

なぜなら、私に好きな人ができなかったから。
1人でクリスマスを過ごさざるをえなかった一番の原因は、他人に心を開けない私自身にあったんでしょうね。

今は、クリスマスを夫と子どもと共に過ごすことができて幸せです。

タイムマシンで当時の私に「その後、必ず幸せになるから大丈夫だよ」と声をかけてあげたいです。

そんなことを考えていたら過去の私のような女性を見付けました。

Page Top ▲

スタジオヨギーの京都スタジオ


私はアシュタンガヨガをやっています。ポーズが順番に続いていて比較的ハードだとされるパワーヨガです。もう10年近く続けています。始めたきっかけは運動不足による肩こりでした。

最初は職場近くの「スタジオヨギー」というヨガスタジオでやっていました。
その頃「スタジオヨギー」の京都スタジオ(河原町駅)では、色々な種類のヨガを体験することができたのです。
その時にアシュタンガヨガ・ハタヨガ・リラックス系のヨガなど色々試しました。そして一番自分に合っていたパワー系のアシュタンガヨガに落ち着きました。

一人で始めましたが、通っているうちに同じクラスのレギュラーの友人が数人出来ました。同じように職場が近いという理由で通っている人たちでした。オフィス近くのヘルシーレストランに一緒にランチに行くようになったりして、異業種交流会のようなノリで楽しかったです。

その後出産することになり、同じスタジオでマタニティーヨガもしました。
マタニティヨガのおかげでなかなかの安産でした。

「スタジオヨギー」のインストラクターに限ったことではありませんが、ヨガのインストラクターは皆さん穏やかでいい雰囲気の方が多いですよね。
レッスンを受けていてもポジティブなエネルギーにあふれていて、お話を聞くだけでもいい気分転換になるインストラクターも沢山いました。

その後仕事と育児の両立などが忙しくなって、河原町駅のスタジオに行く機会はほとんどなくなりました。でもヨガのいいところは、家でも一人でできるところです。今はほとんどは家で一人でやっています。現在は海外在住ですが、たまにチケット制のヨガスタジオに行ってグループでレッスンを受けます。そうすることで、ポーズに変なクセがついていたら直してもらえたりします。

ヨガは基本的にヨガマットがあればどこでもできます。
ウエアは運動しやすい恰好であれば何でもできますが、お気に入りのウェアだとテンションは上がります。ヨガマットはハガーマガー(Hugger Mugger) というブランドの、グラデーションがきれいなマットを使っています。ウェアはプーマが気に入っていて、たまにスタジオに行くときには大体よそ行きウェアのプーマです。他にはブランドにこだわらず、ちょっと近所に出かける時にも着れそうなウェアを意識して選んでいます。大体はネットで購入します。

アシュタンガヨガ以外のスポーツはランニングをしますが、最近ホットヨガにも興味も出てきました。

ホットヨガ 四条大宮


整体師の知人によると、ヨガは他のスポーツとも相性が良いらしいです。
ストレッチ効果やけが予防にも役立つということで、時間さえ許せば両方やってみたいです。

Page Top ▲

木津川市のコンビニ


京都木津川市の府道44号線、加茂駅近くのコンビニ「ローソン」へよく立寄ります。
ポンタカードのポイントをためているのもあり、コンビニは主に「ローソン」に統一しています。
私のよく行く「ローソン」は、近くに駅があるため学生や通勤者が多く、またメイン道路沿いとあって、様々な利用客でいつも賑わっています。
そして、道路向いに交番があり、必然的に防犯にもなっているようです。
私は、いつも車で通りかかる時に利用しています。
立ち寄る目的は、主に車内で飲食する為に買物をします。
その他、スーパーに行く程でもない少量の物を買ったり、新発売の商品をチェックしたりします。
また、コピーやATM機の利用目的で立ち寄る事もあります。
私は専業主婦で、だいたい週に一回程度、利用していますが、昼の12時や夕方5時過ぎは、外すようにしています。
というのは、その時間は、食事を買う人や、駐車場の車内で食事や休憩をする人が多く、とてもごった返しているからです。
ただ夕方は、昼間と違う、ちょっと時間の余裕がある雰囲気を感じます。
私がコンビニで使う金額は、だいたい500円未満です。
車内用に、紙パックのジュースやペットボトルのお茶、そしてちょっとしたスナック菓子を買います。
運転中でも手が汚れないお菓子が良いので、個包装したお菓子をよく選びます。
また、チョコレートが好きなのですが、この季節は溶けてしまうので、よく「チョコモナカジャンボ」を買います。
モナカアイスなので、チョコ好きには、夏場も楽しめるので嬉しいです。
ただ私一人ではカロリーの心配もあり、半分だけにしたいので、主人がいる時だけ買うようにしています。
コンビニに立寄る度に思うのですが、生活必需品や機能が凝縮されていて、ここだけで殆ど生活に困らないなと実感します。

Page Top ▲

背中ニキビとウェディングドレス


結婚が決まりうきうきで式場見学・ドレス試着と楽しい毎日を過ごしています。

背中のニキビが気になりだしたのはドレス見学の際背中がぱっくり開いたドレスを着用したときに、プツプツと背中に赤い斑点がすごく目立っていたのです(;_;)

今まで多少気になってはいたものの、まぁ特に気にすることも無いか!水着着るときくらいだし!と思ってほったらかしにしていました。

ですが結婚式は晴れ舞台。友人の結婚式でも背中にニキビがある子なんて一人もいませんでした。


私だけこんなに汚いのかな(><)と、とても悩んでいました。

多少気になっていてもほったらかしていた理由は、気になるけどケアにはお金がかかるし・・友達で背中ニキビある子なんていないし・・私だけの悩みなのかな?と後回しにしがちに。。

脱毛に通っていたので、ついでにそこのサロンで何か対処法があるかなと思い、ブライダルエステの話をきいてみることにしました。


 



今までエステは通ったことが無いので、お金がめちゃくちゃかかるものだと思い避けて通ってきました。


スタッフさんにあまり予算はかけられないが、背中ニキビやニキビ跡を改善したい旨を説明し、これって私だけなんですかね?と相談。


すると「背中は見えにくいので、あまり気づきませんがお客様以外にも悩まれている方はたっっっくさんいらっしゃいますよ(^^)安心してくださいね。」というお言葉をいただき、悩んでいるのは私だけじゃないんだとホッとしました。

そして背中ニキビへの対策として、美白効果の高いエステを入れていただき現在進行形で通っています。

何より一番背中ニキビへ効果的なのが、私の場合は運動だと言われました。

ニキビが出来ている箇所が筋肉の上にあるといわれ、背中の筋肉がほぐれていないため血行がかなり悪くなっているとのこと。


私は肩こりもひどいのですが、運動をしていないため血行が悪くなり肩こりにもなりやすい、といわれました。

エステは表面上を綺麗に出来ても、生活習慣を変えないと内側からの改善が難しいので、まずは運動をしましょう!


運動といっても本格的なものではなくて、ウォーキングや軽いジョギングでOKですよ(^^)と提案していただきました。


汗を流すことが一番大切!と教わり、今では仕事場に行くとき一駅前で降りて、一駅歩くのが習慣になっています。

始めたのは今年からなので、目に見えてツルツルピカピカ~☆になったわけではありませんが、運動をすることで体調も良くなり肩こりも減る、そうなることでストレスも軽減され、背中ニキビだけではなく全身に効果が表れてきています。

「結婚式に向けて」と思っていましたが、結婚式がすぎても運動は習慣づけていこうと思いました。


参考

http://xn--68j9i9c7a5242ars3a0ikb82b.club/

Page Top ▲

ちくびの黒ずみが気になった大学時代

大学に入学し、友達と旅行に行く機会が増えました。

日帰りの時もありますが、たまに1泊2日の温泉旅行に行きました。

温泉に行くと、どうしても気になるのが自分のちくびの黒ずみです。

以前から自分の乳首は黒ずんでいるのではないかと悩んでいました(T_T)

高校生の時に家族で温泉に行ったとき、他の入浴客でちくびの色が鮮やかなピンク色の人が何人もいてとても驚きました。

ちくびは小豆色なのだとずっと思っていたのに、実際にはこんなにも綺麗な色の人もいるのだと初めて知ったのです(-_-;)

そのため、友達と温泉に入るときに、この子の乳首は黒ずんでいると思われるんじゃないかと心配だったのです。

脱衣所で服を脱ぐときに、なるべく友達に背中を向けるようにして脱ぎ、すぐにタオルで体を隠しました。

そんな私を尻目に、温泉好きの友達は堂々と服を脱ぎ、堂々とちくびを晒していました。

そして、そんな彼女のちくびは私と同じ小豆色だったのです(゜o゜)!

他の友達はピンクに近い小豆色だったり、鮮やかなピンク色だったりしましたが、みんなちくびの色なんて全く気にしていないようでした。

温泉に入ると他にも何人かお客さんがいました。

ちくびにコンプレックスのある私はどうしても他の人のちくびの色に目が行ってしまいます。

そして、ある一つの結論に達しました。

ちくびの色は生まれつきのもので、年齢も関係ないと言うことです。

なぜかと言うと、20代くらいで小豆色の人もいれば、60代くらいで鮮やかなピンク色の人もいたからです。

ちくびの黒ずみを消すためのクリームを使ったことがありますが、まったく効果がありませんでした。

ちくびの色は生まれつきのものだから、あとからどうこうしようと変わらないのだと自己解釈しました。

このことがきっかけで、私はちくびの黒ずみをきにすることがなくなりました。

温泉に行っても堂々と服が脱げるし、堂々とお湯に浸かれます。

他の入浴客のちくびの色に目が行くこともなくなりました。

今では結婚し、子どもも生まれ、2年間授乳をしましたがちくびの色は変わっていません。

鮮やかなピンク色の乳首に憧れはありますが、コンプレックスがなくなった今となってはどうでもよいことのようにも思えます。

もし、医学が発展してクリームで,ちくびの色が鮮やかなピンク色になるのであれば、せっかくなら使いたいなとも思いますが、仮に開発されたとしても何十年も何百年も先のことだと思うので、私はこの黒ずんだちくびとともに生きていこうと思います(^_^)/


 


そう思っていたのですが、最近、こんなのがあることを知りました。


⇒ちくび 黒ずみ クリーム


 


生々しいことが男性の視点から描かれています。こわー

Page Top ▲

雑感

有名になってどうなりたいのだ。

パパラッチにプライベートな写真を撮影されて私生活を暴かれたいのか。週刊誌にあることないことを書きなぐられたいのか。コンビニエンスストアで立ち読みしているところを知らない連中に携帯電話のカメラで撮影されたいのか。有名になって宮中晩餐会に呼ばれたいのか。金持ちになって経団連の理事にでもなりたいのか。有名になって一体どうなりたいのだ。どうしたいのだ。
問いに答えることも出来ないではないか。歴史に名を残したいのか。それとも違う目的か?

多分、死角になっていることがあるはずである。それが何かは判然としない。しかし多分、盲点になっていることがあるはずなのだ。それに気付けば大きく変化するはずなのであるが。

思いあぐねて、これでどのくらいの時間が経過したであろうか。今回のブラックボックスは非常に手ごわい。

それにしてもアイツは鬱陶しい。まともに相手にしてくれる人間が、家の人間しかいないのだから当然なのかもしれないが。まあ、もうすぐ、くたばるから良いのであるが。

この国のあり方を見ていて思うのだが、本質的な部分において数十年前と何も変わっていないのではないか。
優秀な下っ端と無能な上層部という図式である。今回の震災でも日本人の規律正しさは証明された。
しかしながら官邸の無能さもまた証明された。今、現在の私の勤務先を見ていてそんな気がした。
トップは偉大なる将軍様のようであるが末端の現場の人間は非常に優秀である。しかし、戦術が正しくても戦略が間違っているので仕事の結果は出ない。
何か空回りしている印象である。

  Page Top ▲